スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄、米軍基地を考える日々

今週はなんだか、沖縄がずっとついてまわります。今年の1月1日に沖縄の久高島をスタートした「ピースウオーク・フロム・沖縄」が、25日に神奈川入りしました。座間で集会をするというので、私も行きました。今年の1月11日に急逝された外間喜明さんの追悼の会を、この機会に持とうということでした。外間さんとは「コスタリカに学び平和をつくる会」で知り合いました。沖縄で家族も亡くし、ずっと相模原で社会科の先生をしてらした方。「うちなー賛歌」は、うっとりするくらいきれいな写真がいっぱいの本。外間さんが好きだった山の写真が展示されていて、山の話もしたかったなあ、と悔やまれます。この日はあまりにお天気がよく、新緑も鮮やかで、集会だけにする予定だったのを、厚木基地までをウオークしました。
どう考えてもおかしい。もちろん、沖縄はほとんどが基地、といってもいいほどに米軍に好き放題に使われていますが、ヤマトだって、かなりの土地が米軍に使われている。もう慣れっこになっているのかもしれないけれど、軍隊をもたない平和憲法の国のはずなのに・・・厚木基地のゲートにある、富士山と神社の鳥居をあしらった紋章のようなプレート。アメリカの海兵隊と自衛隊の名が列記され、手を取り合って、日本だかアジアだかの防衛に・・・ということなのでしょうか。休みの日だったので、ゲートから続々とアメリカ兵の家族が車で、あるいは歩いて出て来ます。ふだんそういう光景を見ていない人間にとっては異様に映ります。
 そして、28日は、前の日には砂川に行ったというウオーク隊が、国会に到着。衆議院議員会館での院内集会、夜は社会文化会館での集会でした。夜の集会にあまり出る時間がなかったので、院内集会に参加しました。このウオークを企画し、ずっと歩いてこられた日本山妙法寺の石橋上人は、「東京に着いたけれど、目的地は東京ではなく、基地のない世界です」。まだまだウオークは続きます。唯一参加した議員、社民党の服部良一さんは、「この程度の政権交代では日本は変わらない」と痛感しています。鳩山首相は、「辺野古の埋め立ては海を冒涜するものだ」と言ったのに、なりふりかまわず防衛大臣、外務大臣などが、海を破壊するような方向を打ち出している。本当にこの迷走ぶりはなんでしょうか・・・基地の一つなくなったって、困らないアメリカです。戦後ずっとあった日本の米軍基地が、日本に対してなにかしてくれたことがあったのでしょうか? むしろ、すべてが害だった、意味がなかった、ということなのではないですか?普天間の基地がなくなったくらいで、アメリカは困らない。政権交代があって、これで辺野古のジュゴンたち、美ら海はホッと一息つける、と素直に喜んでいたのです、私たちは。
沖縄からかけつけて下さった、彫刻家の金城実さん(私は読谷村のお宅を、コスタリカの法学者、バルガスさんと一緒に訪れました。昼間から飲んだ泡盛がわすれられない・・・)。「普天間の移設という問題ではない。アメリカの報告では、グアムに飛行場を含めすべて移ることになっているのです。だからもともと代替地を考える問題ではない。グアムを総合的軍事基地にする、というのがアメリカの戦略です。では、なぜグアムに移さないか。グアムに移せば米国民の税金を使うことになるが、沖縄に基地があれば、『思いやり予算』でいい思いをさせてもらえる。この問題を追求しなければならない。」そのことを、社民党の議員が質問しても、らちがあかないのだそうです。こんなに重要な問題なのに。金城さんは、夜の集会で(私はちょっとだけ参加しました)、「砂川基地は違憲であるとした伊達判決を今の沖縄と直結させることが必要」と言いました。今の問題は、安保をどうするか、という根本的な問題。今、議論するチャンスなのに・・・と、歯がゆい思いでいます。金城さんの「下駄踊り」、楽しかった!この集会の前に、金城さんたちと少し飲んでました。金城さん、水割りの焼酎を飲んで曰く「なんだか水っぽいね。もっと酒を!」ほんと、たのしい方です。
 はからずも数時間だけ共にしたピース・ウォークでしたが、こういうキャラバン方式から広がっていく運動の仕方というのはいいなあ、と思います。ピースウォークはドサまわりの種まき方式、というのがいい。頭の固そうなかつての左翼活動家のおじさんたちが、こういうのを新しい政治活動のあり方なのではないか、とつぶやいたりして、それはそれで世界をかえることにつながるかも。
スポンサーサイト
プロフィール

marzoh

Author:marzoh
はじめまして、星野弥生です。さまざまな教育や子どもに関する活動、スペイン語圏の国々と関わるNGO的な活動を通じて、人と人との糊付け役みたいになっています。そんな活動の報告やらお知らせをする場として、ブログなるものに挑戦してみることにします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。