FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上信夫さん、黒田福美さんのトークに行ったこと

 またまたのご無沙汰ブログです。まだベネズエラにいるんだろう、ぐらいに思われていたかも知れません。実際は15日の夜には戻ってきていました。何せ、行きも帰りも乗り換えが4回。しかもマイアミに一泊ずつで、移動に3~4日は費やした感じです。ですから現地には10日くらい。日本では「ずいぶん長い間行ってるんだね」という大方の反応でしたが、向こうでは「なんでもっと長くいないの?短すぎる」という反応。行ってみると後者の感覚が妥当、と気づきます。マラカイボからさらに2時間以上もかかる奥地で「ベンポスタこども共和国」を創って、先住民のこどもたち、大人たちのために日々奮闘しているマリアルイサの傍らにいながら、状況、そして支援のしかたを見てきました。報告は山ほどあるので後日。私の「ベンポスタ通信」で詳しく報告したいと思っています。
 日本に戻ってきたら、2週間のツケが回ってきて、ほとんど連日連夜の会議やら集会やら。書きたいこと、知らせたいことも多々あったのですが、目をつぶっていたブログでした。さて、今日のこと。
 NHK第一放送(もちろんラジオです)の午前中、「ラジオビタミン」を担当している村上信夫アナウンサー、「神戸をわすれない」会の告知を、私からのお便り、という形で伝えてくださったのでしたが、ファンなので、一度お会いしたいなあ、などと思っていたら、2月25日に黒田福美さんとのトークがあるので、いらっしゃいませんか?とのお誘い。村上さんにつなげてくれたのは福美さんだし、万難を排しても行こう、と銀座の旅館「吉水」に行ってきました。銀座にこんなところが?という感じの不思議な和風旅館。以前にもここで民族文化研究所の姫田忠義さんのドキュメンタリー映画を観たことがあります。同じところだったので、これも「縁」だ、と申し込んだのでした。まずは無農薬の野菜、「白」を排した(白糖、白米などの)食材のオーガニックな食事をいただき、トークの場に。お題は「いつ死んでもいい生き方」。このタイトルのことは知らなかったよ、といいつつ、福美さんは、「目標を立てて、スタートを切ってゴールにたどり着くと、そこにはまたスタート地点と書いてあって、また次のゴールを目指して・・・」と、やりたいこと、やるべきことがいっぱい。センセーショナルに聞こえるタイトルだけれど、福美さんの生き方を見ていると、うん、そうだよな、と思えてきます。ほんと、いつも全力だものなあ。「これをやるんだ」という信念があるから、全部自分でやる、他人のせいに絶対にしない。それがが村上さん曰く「凛とした生き方」なのだろうな、と思います。韓国という国が、日本ではあたかも実在しない国であるかのような扱いを受けていた80年代から、徹底して「知ろう」としてきたこと(女優稼業にとっては大いなるマイナスと思われていたにもかかわらず)、韓国で撮りためた写真の展覧会がきっかけとなった震災後の神戸・長田とのかかわり、長田神社前商店街の商品カタログによる全国からの購買を呼びかける発信(このアイディアは本当にすごい、と思う)、韓国人でありながら太平洋戦争では特攻隊として徴用され、戦死した兵士の慰霊碑を韓国に建てるプロジェクト、そして最近の介護ヘルパー資格を取ったこと、など、どの話にも、いさぎよい生き方が現れています。何度もきいている話ではあっても、あらためて福美さんって一貫しているよなあ、ぶれてないよなあ、といつも感動します。
 あこがれの村上さんと会えました。もっとも、何度も前に会っていたらしい、ということが判明したのですが。それは牟田悌三さん。牟田さんの出版記念のパーティ、80歳の傘寿のお祝い、どの場面でも一緒だったみたいです。村上さんが横浜で父親たちの「おやじの腕まくり」という会を立ち上げたきっかけは、牟田さんの「おとうさんパワー、今が見せどき」だった、と聞きました。牟田さんからは村上さんとのことは直接聞くことはなかったけれど、ちゃんとつながっていたんだ、ということがわかりました。自分のできることを自分のできる範囲でやる、ボランティアのような活動では、結局、みんなつながっていると、今さらながら感じます。村上さん、桜の咲く頃に牟田さんのお墓詣りをしましょうね、と田園都市線で一緒に帰りながらお誘いしたのでした。そして来年の「神戸をわすれない」に来て話してくださいね、と。
スポンサーサイト
プロフィール

marzoh

Author:marzoh
はじめまして、星野弥生です。さまざまな教育や子どもに関する活動、スペイン語圏の国々と関わるNGO的な活動を通じて、人と人との糊付け役みたいになっています。そんな活動の報告やらお知らせをする場として、ブログなるものに挑戦してみることにします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。