FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保坂のぶと区長就任報告会。  「小さな町の小さな映画館」を観る。

6月25日、保坂のぶと区長就任報告会が成城ホールでありました。座れない人がでるくらいの大入り満員。15年ほど、保坂集会を企画したり、人集めにかけずり回ったりしてきましたが、今回はこれまでとは違っていました。初めてお見受けするお顔が実に多かったこと!私自身は、「政治は日々の暮らし」と思っているので、「政治」になんのアレルギーもないですけれど、「政治」が取れた集会には人は集まるのだなあ、とあらためて感じたりしました。私もずいぶん多くの方々からあらためて「おめでとう、よかったです」と声をかけられましたが、本当に誰もが喜んでいることをひしひしと感じます。「うれしい」「期待してます」「変わりますね、これで」「世田谷に住んでいてよかった」等々。区政が身近になった、と多くの人が感じているようです。その意味では、「政治は暮らし」が現実のものになりそうです。保坂展人の「保護者」の一人としては、なんともうれしいことです。
彼の話の中で、住民参加というけれど、本当は住民主体、行政参加ではないか、という区民の声が紹介されましたが、言い得て妙ですね。88万人が住む広い世田谷でこれから各支所でこのような報告会をやりたい、土、日には小さな地域の車座集会をやる、と宣言しました。成城に住む金子さんは、彼を区長候補に押し出した張本人の一人ですが、彼は「成城の旧山縣邸の跡地をめぐる問題で、保坂さんはそれを知るとすぐに現地に来て、住民と会ってくれた。そのアクションの早さには驚く。これまで署名運動などやったこともない成城の住民が、駅頭に立って署名を集める、ということを始めた。声が届くという関係ができれば、区民は動くのです」と、とてもいい話をしてくれました。
いい話と言えば、閉会間際に間一髪で駆けつけた、強力な応援団の一人宮台真司さん。「エネルギー問題は、電源主の話ではなく、エネルギーの共同体自治の話です。電力会社は選べる。自分でだって発電できる。電源をミックスして自家発電をする。だから、世田谷電力をつくる、と言う話だって、ヨーロッパではスタンダードです。できるんじゃないですか。(・・・)日本人の政治的志向は、「統制と依存」です。そうではなく「自治と参加」へと変える。統制では、自分で自分をコントロールする感覚が得られません。絆も、かけがえの無さも尊厳も得られない。世田谷区民のリソースとして人間関係資本があるのだから、自治体の成功モデルになってほしい。ひとりひとりが「やってもらう」ではなく、それぞれがファンドでもアイディアでもできることをする。そのための基礎的な土台つくりをやっていきましょう」
ふだん辛口の支持者たちも、「今日は久々によかった」。初めての方は「感動しました。」たくさんの出会いがあって、よかった!

早く見に行かなくちゃ、と気になっていた「小さな町の小さな映画館」を観ました。北海道の浦河町で四代にわたって続けられている小さな映画館「大黒座」をめぐるドキュメンタリー。「映画を見ない人生よりも見る人生の方が豊かです」という、三代目館主三上政義さんのことばがつくづく実感できるような映画です。テレビやDVDで観るのと、映画館で観るのとはまるでちがう。私はやっぱり映画館で見たい。暗い映画館の中で経験する世界から外に出ると、そこには日常の風景が展開されている。その落差が家で見ている時には味わえないし、このギャップが想像力をかきたてる。その魅力が映画だと思っています。かつては、映画を見ることは「ハレ」の行為で、たくさんの人が押し寄せた様子もこの映画で描かれています。でも、このところは、一日誰も訪れないというのも稀ではありません。人口一万四千あまりのこの町のたった一つの映画館を続けてほしいと願う人たちの「気持ち」が、見ている方にもそのまま伝わってきます。ここにかかるすべての映画を観ているという、浦河に移り住んで自然の養鶏を営む桜井さん。そこで取れる一個40円の美味しい卵を使っているパンやさん、通信に必ず映画館の話題を載せてお客さんに配っている燃料やさん。みんな、映画館の灯を消してほしくないと願っている人たち。ああ、浦河に行って、こういう方々に会い、大黒座を訪ねたい、そんな気持ちがひしひしとします。監督・製作・撮影、すべてを手がけた森田恵子監督のあいさつもすごくよかったです。「みんなとてもいい顔をしていますよね。お金には全然恵まれない人たちだけれど、やりたいと思うこと、大切にしたいことがあり、しあわせ度がきっと高いんですね。」映画が人びとを結びつけて、ゆたかな人間関係の媒体になっている。映画のすばらしさ、映画を観る人たちの豊かさに心底共感した日でした。構成・編集の四宮鉄男さんにもお会いできてよかった!7月1日までです。ポレポレ東中野に行ってください。
スポンサーサイト
プロフィール

marzoh

Author:marzoh
はじめまして、星野弥生です。さまざまな教育や子どもに関する活動、スペイン語圏の国々と関わるNGO的な活動を通じて、人と人との糊付け役みたいになっています。そんな活動の報告やらお知らせをする場として、ブログなるものに挑戦してみることにします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。