FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三茶 de 大道芸

今日と明日、三軒茶屋で、三茶・デ・大道芸が開催されています。たまたま、三軒茶屋にある世田谷ボランティアセンターで会議があり、終わってから、ちょっと行ってみようか、と軽いノリで、若いメンバーと一緒に見に行ったのでしたが・・・よかったです。すっかりノリノリになってしまいました。15日、16日の二日間、三軒茶屋界隈のさまざまな広場(いつもは駐車場だったりするのですが)に、自由な空間ができています。同時多発のパフォーマンスがあちこちに繰り広げられています。この日は、ここは「自由区」という感じ。いつもこうだといいのにね。それはともかく、最初はボランティアセンターのすぐ近くの公園で、なにやらクラシックの音楽が聞こえてきたので、それにつられて行ったら、水晶玉やディアゴロという西洋風のコマをまわすパフォーマンスで、日本人離れした演技に思わず拍手!三軒茶屋に向かうと、そこら中が大道芸モードになっていて、どこにいけばいいのか迷うのだけれど、NTTの跡地に行ったら、火のついたスティックでのジャグリングをやっているパフォーマーがいました。彼が演じていたのが、まさにベンポスタのこどもたちがサーカスの場面で行っていたものだったので、ついつい身を乗り出してしまいます。ジャグリングと、バランス。日本から行っていたベンポスタっ子たちの得意技です。スティックに火をつけて行うジャグリングはカズホの得意技だったなあ。円筒を重ねながらその上でバランスを取る演技は、コータが自分の結婚式でもやっていたなあ、と思い出します。五段はたしかになかなかできないよなあ、などと。見る方も手に汗を握っていた、あの頃・・・大切に持ち続けていてね、と願います。サーカスの練習は、そのまま人生への挑戦のようで、昨日できなかったことが、今日はできるようになる、ってこどもたちにとってはすごいことなんだなあ、と練習を見ながらいつも思っていました。見ながらあれこれ思い出して、ウルウルしていた私です。
このお祭りでは、三軒茶屋にあるそれぞれのお店が協賛して、趣向をこらしたサービスで同じように加わっている、というのがすてきです。きっとどこもやっているのだろうと、馴染みのすずらん通りの「味とめ」さんに寄って、特別価格の生ビールと大道芸メニューの煮込みなどを頼みました。町中がお祭りに参加しているようです。6時からは、世田谷線の発着所そばのプラザで、中国雑伎団のパフォーマンスがあるというので行きました。すでにすごい数の人たちが囲っています。中国の雑伎団の演技は、こちらが思わず声を出してしまうほど、すばらしいです。終わってからの木戸銭にはお札がずいぶん入るくらい、人びとは感動していました。私が一番いいなあ、と思うのは、最前列に座って、目が飛び出しそうにみているこどもたちの表情。ベンポスタのサーカスでも、観客をそのまま日本に持っていきたい、と思ったほど、パフォーマンスは、演じる人とそれを見る人の気持ちの通い合いだなあ、と思います。こどもたちがこれほど、驚き、感動できること。そう、授業だって、面白ければこどもたちは、目を輝かすことが出来るのだろうな・・・そんなことを大道芸を見ながら思っていました。
明日もあります。ぜひ行ってください!
スポンサーサイト
プロフィール

marzoh

Author:marzoh
はじめまして、星野弥生です。さまざまな教育や子どもに関する活動、スペイン語圏の国々と関わるNGO的な活動を通じて、人と人との糊付け役みたいになっています。そんな活動の報告やらお知らせをする場として、ブログなるものに挑戦してみることにします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。