FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戦争経験を聴く会・語る会」のご案内。5・19 国会に行って来ました。

 本当に時の経つのが早すぎます。連休の後半は長野で山菜採りとお酒と温泉に明け暮れ、先週末、久々に神戸に行き、灘区、長田区の友人や商店街や教会を訪ねるいつものセンチメンタル・ジャーニーで、旧交を温め、あらたな出会いもありました。それについてはいずれまた。気がついたらあっという間に5月も終わりそうです。
さて、明日のイベントのお知らせです。世田谷での「戦争体験を聴く会・語る会」。世田谷ボランティア協会の情報誌「セボネ」で「北沢川文化遺産保存の会」を取材した時に、この会が、戦争の記憶を語り継ぐために毎年5月に下北沢周辺で「戦争体験を聴く」集会を主催していることを知り、面白そうなことにすぐに首を突っ込むクセで、すっかりハマりこみました。3月10日の東京大空襲のことはよく知られているけれど、5月24日の山の手大空襲についてはあまり知られていません。私もこの会で初めてそのことを知った次第。5月のこの時期に、焼け野原になった下北沢あたりで集会を持つことの意味はここにあったのです。そして、世田谷の児童たちが疎開した先の信州の浅間温泉で、松本の飛行場に降り立った特攻隊の隊員たちと交流したという話が昨年は披露されました。東大原小学校から疎開した方のお話、隊員たちが歌った「浅間温泉望郷の歌」の再現・・・。会そのものがまるでノンフィクション小説を読むようで、元疎開児童たちが親元を離れてくらす辛さや寂しさ、田舎の子どもたちの中になかなか馴染めない都会のこどもたちの気持ちなどが、ひしひしと伝わった会でした。ああ、こういう話はぜひとも、今の時代を生きる子どもたちに聴かせたいなあ、としみじみ思ったのです。
 今年の企画は、代沢小学校が疎開先で熱心な音楽の先生の下で合奏団を作り、戦後も「ミドリバンド」として進駐軍や慰問先などで技量を披露した、という話をベースに、疎開先で彼らが歌った寮歌を再現しよう、というものです。ならば今の小学生に歌ってもらい、歌を通じて子どもたちが「戦争」中の一つの事実を知る、という体験につなげることができれば、と思いました。そこで 世田谷区教育委員会の後援を得て、校長先生に話し、代沢小学校・山崎小学校の児童10人が、音楽の先生の伴奏で歌う、ということが実現しました。子どもたちも練習に励み、校長先生は「とてもいい雰囲気ですよ」と言っておられます。楽しみです。体験者のお話を伺うということももちろん大切ですが、こんなふうに音楽を通じてこれからの未来を担う子どもたちが、70年以上前の同年代の人たちに思いを馳せることができれば、と願っています。
  戦後71周年記念  第9回 戦争体験を聴く会・語る会
   戦争と音楽ー戦火を潜り抜けた児童楽団(代沢小ミドリ楽団)
   5月21日13時30分~16時
   東京都民教会(下北沢西口より4分)
   入場無料(先着順受付)
 

 昨日は久々に国会前へ。議員会館前の大結集の前に憲政記念館で「さあ、安倍政治を終わらせよう5.19集会」があり、奥田愛基くんや菱山南帆子さんが発言するというので聴きにいきました。5.19は、60年に岸首相が強行採決をした日。その孫の企てを許すわけにはいかない、と山口二郎さんは語りました。「世界にアベ化が進行中。自己愛の強いリーダーが、デマ、偽り、捏造なんでもアリで攻撃的な姿勢に出ている。トランプしかり、ヨーロッパの極右政党しかり。アベ化が世界を覆う暗雲となっている。」と。高野孟さんは、「安保か福祉か、などという選択はなく、どちらもいのちにかかわること。アベ政治によっていのちが脅かされているという地点に私たちはいる。今度の参院選挙はまさに『いのち』のかかった選挙だ。」奥田クンは、オザケンや樋口陽一さんや菅原文太さんの言葉を引いて軽妙に語ってくれました。樋口さんの「市民知」というのはいいですね。「シロウトの知識は大事。『ナメんなよ』は大事なこと。」そして「文太さんの『まだ弾は残っとるがよう』。弾は残ってるんです。」この日、集まった署名1200万(!)を提出したと報告がありました。点字の署名は初めてだったそうです。参院選では、25の一人選挙区で統一候補を出し、そのうち11選挙区では勝てる可能性があるということです。自公の議席を三分の二以下にし、憲法を改悪させないために、政党がこんなふうに手を組むのも初めてのこと。国会の外でのたくさんの市民の声と必死の思いがアベ政権を終わらせるために野党をつなげたのだと思います。コスタリカの会で二度もおよびしてすっかり意気投合した若い南帆子さんのコールと司会の言葉になんだか元気が出ました。
スポンサーサイト
プロフィール

marzoh

Author:marzoh
はじめまして、星野弥生です。さまざまな教育や子どもに関する活動、スペイン語圏の国々と関わるNGO的な活動を通じて、人と人との糊付け役みたいになっています。そんな活動の報告やらお知らせをする場として、ブログなるものに挑戦してみることにします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。