FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 映画とワインの集い 「からっ風が知っている~こころみ学園ものがたり」 

 書きたいこと、言いたいことは山々あれど、いざ書こうとなると「映画」の話になってしまいます。映画は何かを伝える最良の手段と思っています。映像の訴える力はとても大きい。だから私も「神戸」のことを伝えたくて、22年間「映像のちから」を借りて「神戸をわすれない」会を開催してきました。
 1月27日の第31回目の会で「まだ見ぬまちへ~石巻・小さなコミュニティの物語~」を上映しましたが、おかげさまで多くの方に来ていただきました。毎年必ずというご常連にお会いできるのも嬉しいことです。当日の毎日新聞に結構大きくとりあげていただきました。数年前に取材を受けた時の記者さんがなんと孫娘の幼稚園のお友達のお父さんだったことが最近判明! 間際に連絡して電話取材で書いていただきましたが、当日の参加者第一号が「新聞で見てきました」という方でした。始まる少し前に、黒田福美さんから電話。世田谷にお住まいだった以前はだいたい毎回足を運んでくださっていましたが、お母様の介護もあり引っ越され、だいぶ途絶えていたところだったので、「行けることになったので」と聞いてものすごく嬉しかったです。彼女は、この映画でナレーションを担当。神戸の時からずっと被災者に寄り添いながら、できる支援を続けてきた彼女ならではの気持ちのこもった優しい声です。本当に、いろんな人に支えられて、私も続けてこられているのだ、大勢の人たちと一緒に作ってきているのだ、と毎回思わされています。
 さて、また「映画」の話です。年中行事として「神戸をわすれない」の他にもう一つ「首謀者」になって企画・実行しているのが、「映画とワインのつどい」。世田谷ボランティア協会で私が言い出しっぺになって始めたのがもう10年以上前になるでしょうか。その時の映画が「からっ風が知っている~こころみ学園ものがたり~」でした。私の40年以上になる近所付き合いの仲良し、馬場民子さんがプロデュースしたもので、2004年の完成までに6年もかけた作品。まるで醸成されたワインのようですね。撮影のプロセスもよく聞いていたし、なによりも「こころみ学園」で作られる「こころみワイン」の美味しさは私の周りではとっくに承知、でした。ボランティア協会の中途障害者の施設「ふらっと」では、イベントになると必ずこのワインを販売していました。そんなこんなで、第一回上映作品は、こころみワインを飲みながら「こころみ学園」の知り、知的障害の人たちのくらしや生き方にふれよう、とこの映画に決めたのです。その後、毎年私も監督や作品に縁のある珠玉のドキュメンタリー映画を上映してきましたが、いつも傍らには「こころみワイン」そして私の手料理があるという美味しい会でもあります。
 今回この映画を再び、と思ったのは、一昨年の夏に起こった「相模原の事件」です。「障害者は生きていても価値がないから」と事件の犯人は以前から企てていた犯行の動機を述べています。そういえば同じことをかつて障害者の施設を視察して言った前都知事もいましたね。それに対して、「津久井やまゆり園」で犠牲になった19人、と一括りにするのではなく、19の1つ1つのいのちが失わされたのだ、と犠牲者一人ひとりの人となりを聞き歩き、「かけがえのない」いのちを記録してこられたのが元職員の西角純志さん。西角さんを昨年4月に「世田谷にこどもいのちのネットワーク」でおよびして、保坂区長、障害当事者の横山晃久さんと鼎談していただきました。一人ひとりにしかないそれぞれの「生」。そこに私たちは立ち戻らなくてはならないでしょう。今「こころみ学園」はそのことを改めて教えてくれるようです。入居者が固有名詞で語られ、生まれた時からの個人の歴史、家族とのかかわり、仲間との助け合いのようすが描かれます。一人ひとりの表情、ことばがすてきです。久しぶりに、映像チェックのつもりで見始めたら、もう釘付けになって最後まで見てしまいました。やっぱり、共に生きる、ってこういうことなんだ、と心底うなずきたくなります。
 多くの方に観てほしい、という気持ちが募り、お誘いします。

映画とワインのつどい presents
からっ風が知っている こころみ学園物語
ボランティア協会の「映画とワインのつどい」「エテ・マルシェ」などで大好評の『こころみワイン』。栃木県足利市の山裾にワイナリーを持つ、知的障害者の福祉施設〈こころみ学園〉でつくられています。傾斜38°の斜面をはいつくばり、ぶどう畑や椎茸の原木を相手に働くことによって、知的障害の人たちの心と身体は育まれていきます。その生活を描くこの映画は、知的障害者の施設のあり方を示唆するものでもあります。こころみワインと手料理を楽しみながら、映画と監督のお話に目と耳を傾けましょう。

日  時:2018年2月18日(日)15時30分から
場  所:世田谷ボランティア協会 二階第一・第二会議室
(世田谷区下馬2-20-14 パーム下馬 三軒茶屋駅より徒歩10分)

プログラム:「からっ風が知っている~こころみ学園物語」上映
      藤沢勇夫監督のお話
飲んで食べて話をしよう!

参加費:会員1,000円 一般1,500円
ワインまたはジュース1杯と手作りの軽食付き
(飲み物は別料金で飲めます。〉

お申込:お名前、参加人数、電話番号を
下記までお知らせ下さい。
電話:03(5712)5101 FAX:03(3410)3811
e-mail:sasaerukai@otagaisama.or.jp
スポンサーサイト
プロフィール

marzoh

Author:marzoh
はじめまして、星野弥生です。さまざまな教育や子どもに関する活動、スペイン語圏の国々と関わるNGO的な活動を通じて、人と人との糊付け役みたいになっています。そんな活動の報告やらお知らせをする場として、ブログなるものに挑戦してみることにします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。