スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまざまなイベント。 「コスタリカの奇跡」 「まだ見ぬまちへ」そして前川喜平さんの講演会

一週間前の、「コスタリカに学ぶ会」に津田大介さんをおよびしておこなった「子どもを主権者にしよう」というワークショップ、福島のいわき市から直行で駆けつけてくださった津田さんの、ぶっつけ本番ながらのみごとなコーディネーションで、すごく示唆に富んだ、面白いものとなりました。参加してもらった子どもたちの、「いやだ!」と思うこと。それは、塩のかかっていないゆで卵であったり、本を読みたいのに宿題をしなくてはならなかったり、いじめられている友達のことだったり、戦争が世界のどこかで起こっていることだったり。それはさまざまなのですが、一つ一つの「いやだ!」を、周りの大人たちが真剣に考え、こうしたら?と意見をいい、その子の「いや」に寄り添っていく、ということにものすごい大きな意味があるのだ、ということをあらためて感じました。そうやって、子どもの気持ちを、「何いってんの?」ではなくて、「うんうん、そういう気持ち、わかるよね」と一緒に考える、そういうことが日々あったとしたら、自分のことを考えてくれる大人がいるんだ、ということを子どもが感じられるとしたら、その子は、自分の思うことを言っていいんだ、とすこし楽な気持ちになれるでしょうね。そういう子どもへのまなざしがあって、子どもが「自分で決めていいんだ」それが、「主権ということなんだ」ということにつながるのではないか、と。なにも、難しいことを子どもにわからせようというのではなく、こんな日々の子どもの言葉を、どう大人たちが受け止めるのか、それがこどもへの「主権者教育」への基本だなあ、と改めて思います。
 さて、これからもお誘いしたい、一緒に取り組んでいただきたいイベントが続々です。近々のところから。明後日。27日、「コスタリカの奇跡』の映画を観る会が、武蔵境で開かれます。この映画は今とても評判になっている映画で、メディアにも大きく取り上げられています。憲法9条が危うくなっている今、戦後72年間、9条のおかげで少なくとも戦争によって人を殺し殺されるということがなかった日本、その国が自衛隊を軍隊にし、戦争への道を歩んでいきそうなとんでもない状況になってしまうかもしれない時に、「軍隊を捨てて」平和国家を作っている国のことを、理想ではなく、事実としてとらえることは大きな意味がある、と多くの人たちが思うからこそ、この映画に光が当たっているのでしょう。今各地で上映会が開催されていますが、27日は、私がちょっとお話をすることになっています。何を話すの? とちょっと不安もありますが、「軍隊を捨てたコスタリカに学び平和をつくる会」に設立当初から関わってきて、コスタリカからおよびした方々やコスタリカの大使との通訳を通じての付き合いから見えたことなどを少しでも語れればと思っています。
 「コスタリカの奇跡」~積極的平和国家のつくり方~ 5月27日(日)13時40分開演
 武蔵野プレイス4Fフォーラム(JR中央線武蔵境駅南口前)

時を同じくしますが、今年の「神戸をわすれない」で上映した青池憲司監督の「まだ見ぬまちへ」が、今日から日曜日まで大塚で上映されます。すごくいい映画なので、まだ見ぬ方はぜひ見て下さい。

◎『まだ見ぬまちへ~石巻・小さなコミュニティの物語~』上映のお知らせ
東日本大震災で壊滅的な被害を受けた石巻市門脇・南浜・雲雀野地区。被災直後から寄り合って暮しはじめた人びとが、失われた地に「新しいコミュニティ」をつくりだすプロセスを6年半にわたって見つめた長篇ドキュメンタリー映画。
【映画とトーク/震災後の暮しがつくるコミュニティのかたち】
今回の上映会では、石巻で住民に寄り添って「まちづくり」をすすめる専門家と、被災地の「こども=保育」に注目するジャーナリストの参加を得て、震災後のコミュニティの新たな展開を考えます。
日時=5月25日(金)~27日(日)
会場=シネマハウス大塚(JR山手線「大塚駅」北口から7分
   http://cinemahouseotsuka.com/access/
料金=一般1,500円 学生1,000円 高校生以下500円
主催=映画「まだ見ぬまちへ」の会
   https://aoikegumi.shinsaihatsu.com/madaminumachie/
   FB:https://www.facebook.com/aoikegumi/?ref=bookmarks
   Eメール:aobeka2@kfy.biglobe.ne.jp
5月25日(金)
 1回目=14:45開場/15:00~17:25上映
     17:30~18:10トーク 真野洋介(東京工業大学 環境・社会理工学院 准教授)
               青池憲司(本作品監督)
 2回目=18:45 開場/19:00~21:25上映
     トーク(20分)参加者+青池憲司(本作品監督)
5月26日(土)
 1回目=14:45開場/15:00~17:25上映
     17:30~18:10トーク 猪熊弘子(ジャーナリスト)+青池憲司(本作品監督)
 2回目=18:45 開場/19:00~21:25 上映
     トーク(20分)参加者+青池憲司(本作品監督)
5月27日(日)
    14:30開場/14:45~17:10上映
    トーク(20分)参加者+青池憲司(本作品監督)

実は、ビッグなイベントが一ヶ月後にあります。あの「時の人」前川喜平さんを世田谷におよびする、という催しです。
「こども・いのち・きぼう」~教育行政の現場から、”学び”の現場へ~
6月24日(日)13時から~  世田谷区民会館にて。追って詳細はお知らせします。
スポンサーサイト
プロフィール

marzoh

Author:marzoh
はじめまして、星野弥生です。さまざまな教育や子どもに関する活動、スペイン語圏の国々と関わるNGO的な活動を通じて、人と人との糊付け役みたいになっています。そんな活動の報告やらお知らせをする場として、ブログなるものに挑戦してみることにします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。