スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中韓首脳会談での総理の発言に思う。そしてコスタリカ

  「ブログ、たまに綴っています」なんて言うのもハズカシイくらい、またまたのご無沙汰です。通算54号になる「ベンポスタ通信」を4月半ばにようやく作って600通以上発送すると、しばし筆が折れます。そうしたら今度は骨を折ってしまいました。またか、と言われそうですが、今度は足です。内科系はほとんとお世話にならないけれど、外科系はかなり頻繁、というお転婆(文字通り、婆が転ぶ)なのです。それほどの重症ではないですが、折れたは折れたので、くっつくまでおとなしくしていなくてはならず、世に言う「連休」、そして今もほとんど家に籠もり続けているというテイタラクです。せっかく緑の山々や山菜が呼ぶのに応えられず、会議その他のいつもの活動もキャンセルする事態。いつも、手帳に埋め尽くされたスケジュールをこなす日々。古希を迎えていつまでこんなのが続くのか、となんとなく思っていた矢先だったので、これは「休め」という天の声だと思うことにしました。周りも「それはよかった」という反応。まさに「骨休め」。スケジュールだって、こういう状況になってみれば、別に穴を開けてもそれほどの支障はないということがわかります。「怪我の功名」というのか、普段ほとんどすれ違いでご飯も一緒に食べることが少ない夫と、毎日食事を共にしたり、息子、娘の家族を家に頻繁によんでご飯を食べ、孫と戯れるという密な時間が取れたりしました。家の中のことをする(家事、雑用)のは際限なく、たまっていた新聞の切り抜きなどを整理し始めると、あるはずの時間が足りなーい! 2週間以上経ったので、そろそろお出かけもしてみようかな、というところです。不要不急の外出は避けて、と医者は言いますが。
 今日は、日本と中国と韓国の首脳会談のことがお昼のニュースで伝えられていました。アベ首相のエラそうな物言いに私は心底腹が立って仕方がありませんでした。今に始まったことではないけれど、「北朝鮮が非核化に向けて具体的な行動を取るよう強く求めていかなければならない」というのがこの会談の主旨ですが、「北朝鮮が正しい道を進み、明るい未来を築けるように・・」などと、なにをエラそうにのたまうのか。自分の姿勢を正してからモノを言ってほしい、とツッコミながら聞いていたニュースでした。
 ちょうど「コスタリカに学び平和をつくる会」の次の通信に載せる、2月に行われたピースデポの梅林宏道さんの講演の記録を仲間がまとめ、それに目を通していたのですが、講演のタイトルは「北東アジア非核兵器地帯」構想。まさにこの三国が会談をするなら目指すところはここであるべきだと思うのですが、梅林さんが20年前に提案したという「3+3」という案は画期的で現実的なものだと思えます。すなわち、南北朝鮮と日本が地理的な非核地帯になる。(世界のたくさんの地域に非核地帯がすでに存在しています。南半球はほとんどそう)それをロシア、中国、アメリカが尊重すると、5つのメリットが生じる。■日本と韓国は、中国・ロシアの脅威を理由に米国の「核の傘」で守られる必要はなくなる。したがって核兵器禁止条約に参加できる。■日本は被爆国として、核兵器廃絶への指導力を有効に発揮できる。■北朝鮮は米国の脅威を理由とした核保有の必要はなくなる。■米、中、ロ、韓国、北朝鮮は、日本の核武装の不安から解放される。■地域の安保環境の好転の契機となる。
地域のすべての国にとって緊張緩和の理由になり、地域の安全環境の好転の契機になると言える。
 これ、実現不可能じゃないよね、ここを目指さなくてはと思えるそのような案に対し、日本政府の立場は「時期尚早で北朝鮮が核兵器を無くさなければ話は始まらない」。ならず者の国が武器を捨てるというまでは、こちらは武力を背景に脅し続けるということで、これでは解決するわけはありません。今日のアベ首相の言葉には「外交」に求められる姿勢がこれっぽっちも見られません。中国、韓国のスタンスはこうではないですよね。「蚊帳の外」にいるものの遠吠えのようにも響きます。
 「圧力か交渉か」という外交の姿勢、そして憲法9条をどうするかが問われる時「コスタリカ」が注目されています。朝日新聞にも東京新聞にも、映画「『コスタリカの奇跡』積極的平和国家のつくり方ー」の上映運動が広がっている、という内容の記事が載りました。私たちの会でも3月に上映会とコスタリカ大使のお話の会を開催しましたが、その後もさまざまなグループが上映会を企画しているようです。友人が関わっているその一つをご紹介します。私がトークすることになっているようです。
 「軍隊がない国ってあるんですか?」
  憲法改正を考える映画とトーク
  映画「コスタリカの奇跡ー積極的平和国家のつくり方ー」上映
  トーク  星野弥生
  日時:5月27日(日) 13時40分開演(13時15分開場)
  場所:武蔵野プレイス4Fフォーラム
  問い合わせ:070-5544-3110(根岸)
、 「ブログ、たまに綴っています」なんて言うのもハズカシイくらい、またまたのご無沙汰です。通算54号になる「ベンポスタ通信」を4月半ばにようやく作って600通以上発送すると、しばし筆が折れます。そうしたら今度は骨を折ってしまいました。またか、と言われそうですが、今度は足です。内科系はほとんとお世話にならないけれど、外科系はかなり頻繁、というお転婆(文字通り、婆が転ぶ)なのです。それほどの重症ではないですが、折れたは折れたので、くっつくまでおとなしくしていなくてはならず、世に言う「連休」、そして今もほとんど家に籠もり続けているというテイタラクです。せっかく緑の山々や山菜が呼ぶのに応えられず、会議その他のいつもの活動もキャンセルする事態。いつも、手帳に埋め尽くされたスケジュールをこなす日々。古希を迎えていつまでこんなのが続くのか、となんとなく思っていた矢先だったので、これは「休め」という天の声だと思うことにしました。周りも「それはよかった」という反応。まさに「骨休め」。スケジュールだって、こういう状況になってみれば、別に穴を開けてもそれほどの支障はないということがわかります。「怪我の功名」というのか、普段ほとんどすれ違いでご飯も一緒に食べることが少ない夫と、毎日食事を共にしたり、息子、娘の家族を家に頻繁によんでご飯を食べ、孫と戯れるという密な時間が取れたりしました。家の中のことをする(家事、雑用)のは際限なく、たまっていた新聞の切り抜きなどを整理し始めると、あるはずの時間が足りなーい! 2週間以上経ったので、そろそろお出かけもしてみようかな、というところです。不要不急の外出は避けて、と医者は言いますが。
 今日は、日本と中国と韓国のトップ会談のことがお昼のニュースで伝えられていました。アベ首相のエラそうな物言いに私は心底腹が立って仕方がありませんでした。今に始まったことではないけれど、「北朝鮮が非核化に向けて具体的な行動を取るよう強く求めていかなければならない」というのがこの会談の主旨ですが、「北朝鮮が正しい道を進み、明るい未来を築けるように・・」などと、なにをエラそうにのたまうのか。自分の姿勢を正してからモノを言ってほしい、とツッコミながら聞いていたニュースでした。
 ちょうど「コスタリカに学び平和をつくる会」の次の通信に載せる、2月に行われたピースデポの梅林宏道さんの講演の記録を仲間がまとめ、それに目を通していたのですが、講演のタイトルは「北東アジア非核兵器地帯」構想。まさにこの三国が会談をするなら目指すところはここであるべきだと思うのですが、梅林さんが20年前に提案したという「3+3」という案は画期的で現実的なものだと思えます。すなわち、南北朝鮮と日本が地理的な非核地帯になる。(世界のたくさんの地域に非核地帯がすでに存在しています。南半球はほとんどそう)それをロシア、中国、アメリカが尊重すると、5つのメリットが生じる。■日本と韓国は、中国・ロシアの脅威を理由に米国の「核の傘」で守られる必要はなくなる。したがって核兵器禁止条約に参加できる。■日本は被爆国として、核兵器廃絶への指導力を有効に発揮できる。■北朝鮮は米国の脅威を理由とした核保有の必要はなくなる。■米、中、ロ、韓国、北朝鮮は、日本の核武装の不安から解放される。■地域の安保環境の好転の契機となる。
地域のすべての国にとって緊張緩和の理由になり、地域の安全環境の好転の契機になると言える。
 これ、実現不可能じゃないよね、ここを目指さなくてはと思えるそのような案に対し、日本政府の立場は「時期尚早で北朝鮮が核兵器を無くさなければ話は始まらない」。ならず者の国が武器を捨てるというまでは、こちらは武力を背景に脅し続けるということで、これでは解決するわけはありません。今日のアベ首相の言葉には「外交」に求められる姿勢がこれっぽっちも見られません。中国、韓国のスタンスはこうではないですよね。「蚊帳の外」にいるものの遠吠えのようにも響きます。
 「圧力か交渉か」という外交の姿勢、そして憲法9条をどうするかが問われる時「コスタリカ」が注目されています。朝日新聞にも東京新聞にも、映画「『コスタリカの奇跡』積極的平和国家のつくり方ー」の上映運動が広がっている、という内容の記事が載りました。私たちの会でも3月に上映会とコスタリカ大使のお話の会を開催しましたが、その後もさまざまなグループが上映会を企画しているようです。友人が関わっているその一つをご紹介します。私がトークすることになっているようです。
 「軍隊がない国ってあるんですか?」
  憲法改正を考える映画とトーク
  映画「コスタリカの奇跡ー積極的平和国家のつくり方ー」上映
  トーク  星野弥生
  日時:5月27日(日) 13時40分開演(13時15分開場)
  場所:武蔵野プレイス4Fフォーラム
  問い合わせ:070-5544-3110(根岸)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

marzoh

Author:marzoh
はじめまして、星野弥生です。さまざまな教育や子どもに関する活動、スペイン語圏の国々と関わるNGO的な活動を通じて、人と人との糊付け役みたいになっています。そんな活動の報告やらお知らせをする場として、ブログなるものに挑戦してみることにします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。